コラム

2020.05.06

東京都、「協力金」追加支給を発表

池袋の税理士ナダベです。

東京都は、緊急事態宣言の期間延長を踏まえ、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業要請に協力する店舗や施設への「協力金」を追加支給すると発表しました。
金額は1回目と同様に1店舗50万円、複数店舗の場合は100万円の見込みです。
具体的な手続きについてはまだ発表されていませんが、前回と同様の方法になると思われます。

用意するもののうち、すでに提出済みのものが不要となる可能性もありますが、
以下が必要書類となります。

①東京都感染拡大防止協力金申請書兼事前確認書
②誓約書
③営業許可証
④店舗の外観写真
⑤本人確認書類
⑥休業等の状況がわかる書類
⑦支払金口座振替依頼書
⑧確定申告書

今後、国が主体となって家賃補助などの対策が出てくるかもしれません。
使える制度を総動員してこの危機をなんとか乗り切りたいところです。