コラム

2020.04.16

日本政策金融公庫・新型コロナウイルス感染症特別貸付

池袋の税理士ナダベです。

日本政策金融公庫では、実質的に無利子・無担保で融資を受けられる特別貸付制度が用意されています。
「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の融資を受けた事業者が、「特別利子補給制度」の適用を受けることで、
実質3年間は金利が0%で融資を受けられるというものです。
すでにご存じの方も多いと思いますが、この融資、申し込みが殺到しています(-_-;)
弊社では当初から担当者と直接郵送でやり取りをしているため、
実際に支店に申込書類を持参することはありませんが、
聞くところによると、ひどいときは70人待ち、待ち時間は7時間。。。
このままだと政策金融公庫の支店でクラスターが発生してしまうということで、
さすがの政策金融公庫もWEB受付を開始しました。
この制度の特徴として、信用力や担保などにかかわらずいわゆる無担保で一律金利とし、
融資後の3年間まで0.9%の金利引き下げを実施するものになります。

◆新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資対象者
新型コロナウイルス感染症の影響を受け一時的な業績が悪化した以下のいずれかの状況に該当する方になります。
①1年以上の業歴で、直近1ヶ月の売上が前月比もしくは前々月と比較して
 前年又は前々年の同期と比較して5%以上減  少している方
②3か月以上1年1ヶ月未満の業歴で、直近1ヶ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
 a : 過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む。)の平均売上高
 b : 令和元年12月の売上高
 c : 令和元年10月~12月の売上高平均額
個人事業主やフリーランスなどの小規模事業者に対しては、
影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応してくれるようです。

◆特別利子補給制度の概要
特別利子補給制度は、今回の新型コロナウイルス感染症特別貸付により貸付を行った中小企業者のうち、
特に影響の大きいフリーランスを含む事業主、また売上高が急減した事業者などに対して実施される
日本政策金融公庫の資金繰り支援となります。

◆利子補給とは?
行政が特定の融資を行った金融機関に対して借入者の利子負担を軽減するために、
利子の一部または全額にあたる金額を給付するものになります。

◆特別利子補給制度の適用対象
特別利子補給をうけるためには、以下の要件を満たす方が適用対象となります。
①個人事業主(フリーランス含み、小規模に限る):要件なし
②小規模事業者(法人事業者) :売上高▲15%減少
③中小企業者(上記➀➁を除く事業者):売上高▲20%減少
※小規模要件として製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下、
卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下の事業者となります。

新型コロナウイルス感染症の影響で、客足が遠のいている店舗や営業そのものができない事業者にとって
この無利子・無担保の融資は今までの損失や今後の運営費をおぎなうには必要な資金源となります。

申込が殺到している関係で、通常よりも時間を要する可能性があります。
資金調達は早め早めが鉄則。
今後出てくる国や地方自治体の経済対策とともに、上手に活用したいですね。